日吉サイクリング大成功!


根っこの学校 そとっこ・そらまめ

日吉サイクリング大成功!

そらまめサイクリング部
岐阜に引っ越しした友達の家まで、自転車で行ってみたいという小4男子の提案から始まりました。

今回は、スプリング日吉まで、往復42キロの道のりに挑戦。
2年生から5年生の6名が参加しました。

実力に合わせて、速く走りたいチームと、ゆっくりチームに分かれて出発。

サイクリングが楽しくて、来年の誕生日までの全てのプレゼントやお年玉を前借りして、両祖父母に、本格的なサイクリング用自転車を買ってもらった子も。

ゆっくりチーム、余裕のスタート。
出雲さんで、自分で稼いだお小遣いからお賽銭を出し、みんなの無事を祈願するS君。

走っていると、車から「頑張れー!」と声をかけてくださる方も。
途中休憩で出会った方も、「亀岡から日吉まで?!すごい!」「学校をしてるの?どんなところ?面白そう!行ってみたい!」
と、自分達の活動に興味を持ってくださり、子ども達もとても嬉しそうでした。
お礼に、側転を披露(笑)

ゆっくりチームの先頭組を走っていたS君。後ろから来る子達を待ちながら、
「ねえねえ、待ってあげられるって、めちゃくちゃ嬉しいねー!!」

「待ちなさい」と指示されるのではなく、ただ、後ろの子達を気遣って、待ってあげようと思う。その姿だけでも嬉しいですが、
「待つ」ということに、自分の成長を感じて、喜びをかみしめる姿に、驚かされました。

S君は、サイクリングを始めた当初は体力が無くて、すぐに疲れてしまい「もうダメだ、死にそう。先に帰る。」と、言いながら走っていたのですが、「俺、体力ついたわー。全然疲れてないよ!」と、嬉しそう。
今回彼は、大きな大きな自信を手にしました。その姿を見、成長を一緒に体感することが出来、とても嬉しいです。
スプリング日吉に到着!!所要時間は3時間。

「サイクリングって、楽しいけど疲れるー!でも、疲れるけど楽しいー!!」
お目当ては、足湯とソフトクリーム!!
大人は真剣に足の疲れを癒す・・・。
後から出発した速いグループさんも到着!
途中雨雲に会って、雨宿りしながらも、2時間で到着!さすが速い!!
彼らも、好きなだけグングン走れたことが、とっても自信と歓びになったよう。
車で参加の小さいチーム。
大きい子達の背中をしっかり見ています。
大きくなったらきっと一緒に走ってやるぞ。
霧雨の中、帰路につく姿も頼もしい。

3年生のWちゃんは、ここでリタイアを決め、車に乗りました。もったいないとは思いましたが、自分で判断したこと。あえて引き止めないことに。
すると、帰り途中、「やっぱり走るわー!」と、やって来た!
車の中で、みかんを3個食べて、元気を取り戻したのだそう。
無理に諦めないことを説得したりしなくて良かったなぁと実感。
彼女も、みんなと走って帰れたことがとても嬉しそうでした。

帰りは両チームとも、30分程記録を縮め、清々しい顔。
来月には往復100キロの、美山一泊サイクリングを計画中。
どんな道中になるか、とても楽しみです。

https://sotoccosoramame.amebaownd.com/posts/3101971

一般社団法人 育ちとつながりの家 ちとせ

京都亀岡にあるまなび舎です 根幹をじっくりとはぐくみ、しっかりとした枝葉を伸ばし、豊かな花実をつけることを目指しています ホンモノに触れることを大切にし、和の文化芸術の継承と 世界の文化芸術との融合もコンセプトとしています

0コメント

  • 1000 / 1000