料理教室 10月 お弁当づくり

今日のテーマは
子どもたちからのリクエストで
お弁当づくり
滋野先生からは
おむすびお弁当の提案があって
おむすびの中に入れる
お惣菜づくりと
いろいろおむすび
そして
お味噌汁をつくることに

先日
自分たちが育てたサツマイモが
採れたのでそれを使い
そして
春に採れた玉ねぎを
味噌汁に入れることになりました
ていねいに
土のついたサツマイモを洗って
玉ねぎの皮をむいて
サツマイモの蔓を
ていねいにスジを取って
手際よく
切っていく
滋野先生からの指示を受けとめて
テキパキと次々とこなしていく様子に
成長を感じます
ひとりで
難しいところは
ふたりで
手伝いながら
手に手袋をはめて
おむすびつくり
おむすびの外側に
薄焼きたまごを巻こう!
あとは海苔ととろろ昆布!
おむすびの中身は
ひじき煮
おかか
サツマイモの蔓のきんぴらはおかずにしよか

いろいろなものを作りながら
どんどん片付けて
ゴミも上手に片付けていきます
お味噌汁の味はどうかなぁ
どれどれ…
いいと思うよ

ちょっと味見して

そんなやりとりもしながら
本当に短時間で
あっという間に出来上がりました
食べる人のことも
考えながら
彩りも考えて
詰められたお弁当

そして
どこに座ってもらうかも
考えて
食卓に並べられていきました

並べ方も考えて
心が込められた
お弁当はそれはそれは
おいしいものでした

一般社団法人 育ちとつながりの家 ちとせ

京都亀岡にあるまなび舎です 根幹をじっくりとはぐくみ、しっかりとした枝葉を伸ばし、豊かな花実をつけることを目指しています ホンモノに触れることを大切にし、和の文化芸術の継承と 世界の文化芸術との融合もコンセプトとしています

0コメント

  • 1000 / 1000