町の先生

本日は亀岡まつりの本祭でした。

先日からタカマミーから教えてもらっている、
・知ってること(わかったこと)
・知らないこと(ききたいこと)
に気をつけてメモを取ってみるということ実践しながら周りました。
交差点で向きを変えるときに真ん中に柱を立てて、そこを中心に方向転換するという手法に驚いていると、どこからか町の先生がやってきて、祇園祭との違いを教えてくださいました。
進む方向を調整する道具
停まっているときに縄も持たせていただき、これだちゃっかり参加者です✨

仲間が載っている鉾にずっと付いていく姿がとっても愛らしい(*^▽^*)
メモメモ_φ(・_・
楽しみにしていた、出店でお買い物もして、帰る途中にくじ改めにも、遭遇し、なんと、全ての鉾を見ることもできました
帰りに午後の活動を相談していると、「魚を獲りたいね」
なんて話しして、じゃあ寄って見る?
って寄ったいつもの水路に
40センチの巨大なまず!!
そこに現る軽トラハウスのおじさん。この町の先生は、虫、魚に詳しい木工も大好きな先生。
幻の昆虫ヒラズゲンセイの話も聞けました。
なんと最北端での発見をした方です。

その帰り道にドローンを飛ばしている、おじさんに遭遇。
150メートル以上、上には上げていけないっていう法律があることを聞きました。
ちとせの家に戻って、知ったこと、知らなかったことを発表して、今日の見学はおしまい。
また、来年もおまつりに行きたい。鉾を見たい!と思ってくれたところで、今回のおまつり見学は大成功!

一般社団法人 育ちとつながりの家 ちとせ

京都亀岡にあるまなび舎です 根幹をじっくりとはぐくみ、しっかりとした枝葉を伸ばし、豊かな花実をつけることを目指しています ホンモノに触れることを大切にし、和の文化芸術の継承と 世界の文化芸術との融合もコンセプトとしています

0コメント

  • 1000 / 1000