サイクリングで生き物巡り

今月末に予定しているスプリング日吉までのサイクリングに向けて、氷室の郷まで走りに行きました。

当フリースクールを卒業して高校生になった仲間や、学校に復帰した仲間もリフレッシュにやって来たり、毎日コースから週1回コースに移行し、旅立ちつつある仲間もやって来て賑やかに出発。
今回のサイクリングが初挑戦のスタッフも♪

ちとせの家から氷室の郷までの道のりには、色んな生き物スポットがあります。

とあるお家のペットのやぎさんも大人気。
何故か川で飼われている?ガチョウ。
「ガチョウのおでこってなんで固そうなんやろ?」
「頭突きするんかな?」
「くちばしあるから頭突きしにくいんちゃう?」
「くちばしの色違う子もいるー。」
氷室の郷には鴨やダチョウ、孔雀がいるのですが、今日は何と、かかしもいました。
サザエさんにお魚を加えさせる子ども達。
「お魚くわえたサザエさん〜♪ワハハハハ」
帰りかけたら一人ポロポロ泣いている!
「どうしたん?!」
「・・・まだ孔雀見てなかった・・・」
無事見れました。
どんどん力を付けてきた子ども達。
半年前は泣きそうな顔で登り坂を押して歩いていた子も、ほとんど降りずに登ることが出来て、スタッフも驚くほど。

気持ちもとっても強くなっていて、
「坂道から逃げたらあかんねん!」
と言いながら張り切って登る小学2年生に、『あ〜しんど。押そうかな』と思っていたスタッフも「ほな頑張ります」

これのおかげで強くなったとわかるわけじゃないけれど、これまで経験してきた様々な事の積み重ねや頑張りが、一人一人の子ども達の自信を育み、心も身体も強くしていってることを実感出来た、嬉しい日でした。

一般社団法人 育ちとつながりの家 ちとせ

京都亀岡にあるまなび舎です 根幹をじっくりとはぐくみ、しっかりとした枝葉を伸ばし、豊かな花実をつけることを目指しています ホンモノに触れることを大切にし、和の文化芸術の継承と 世界の文化芸術との融合もコンセプトとしています

0コメント

  • 1000 / 1000